食事と一緒のサプリで毎日健康|犬や猫が幸せな人生を送る為に

利用の流れ

犬

安全にペットを移動させる

短期間の出張や旅行など、大切なペットとどうしても離れなくてはならない時があります。近くに面倒を見てくれる人がいないなら、ペットホテルを利用するのが一番です。用品や生体の販売を行っているペットショップにホテルが併設されている場合もあれば、ペットホテル専門店もあります。また、成田空港を始めとする空港にもペットホテルは完備されています。旅行や引っ越しなどでペットと共に移動したくても、他の乗客もいるので移動中の飛行機や船で自由に放すわけにはいかないでしょう。移動中は離れることになりますが、ペットを安全に移動させるためにも成田空港のペットホテルを利用すると良いでしょう。また、ペットホテルと聞くと、寝泊りだけというイメージが強いものです。しかし、中には病院やトリミングルームなどの設備もあるものです。飼い主がいない間はペット用のジムでしっかりと運動をさせてくれるので、ストレスが溜まることもないでしょう。成田空港は全国の空港の中でも大きいので、併設されているホテルも広くて綺麗だと評判なのです。

持ち物を用意する

大切なペットを成田空港を始めとするペットホテルに預ける場合、飼い主がやるべき事は多いです。まずは利用したいペットホテルに電話で問い合わせをしてみます。ホテルに着いたらペットの食事量や排便に関する情報をシートに記入し、いくつかの持ち物を係員に手渡します。まずは、ペットが普段から食べている食事です。ホテルが用意する事も可能ですが、ストレスを感じやすいペットも存在します。いつもと環境が違う上に、用意される食事も違うとなれば体調不良になる可能性もあるのです。また、泊まっている間は係員が散歩をしてくれるので、犬ならいつも使っている首輪を用意します。こちらも食事と同じように、普段から馴染みのある方がペットにかかるストレスが少ないのです。それから、きちんとワクチンを済ませている証拠として、証明書を持参します。基本的には、混合ワクチンと狂犬病ワクチンの二種類で問題ないでしょう。この証明書を提示しないと利用できない可能性が高いです。ワクチンを接種していない場合は病気を持っているかもしれないので、他に利用しているペットに移ってしまうと大変なのです。それを避ける為にホテル側には利用を断る権利があるのです。急な用事が出来た時、ペットの預け先がホテルしかないなら、必要な持ち物をしっかりと揃えておくようにしましょう。最後に、初めて利用するペットホテルの場合、印鑑が必要になるかもしれません。これらは最初に問い合わせた際に係員から持参するように支持されるので、メモしておくと安心です。