食事と一緒のサプリで毎日健康|犬や猫が幸せな人生を送る為に

通夜から葬儀まで

犬

家族同然の存在

最近では、「ペットロス」という言葉も一般化されてきたのではないでしょうか。当たり前のように傍にいるペットですが、ある日突然亡くなってしまうことがあります。それは老衰であったり病気であったり、様々な理由があります。大切なペットが亡くなると、影響が出る飼い主は多いでしょう。愛するペットは家族同然の存在であり、家族が亡くなったとなれば悲しみも深いものです。この悲しみを無理に忘れる必要はなく、思い切り泣くことで少しは楽になれるかもしれません。それから、ペットメモリアルに依頼するという気持ちに切り替えれば良いのです。最近では、ペットが亡くなってからではなく、元気なうちから依頼する葬儀会社を決めているという人も少なくないようです。このことについて縁起が悪いと考える人もいますが、実際に亡くなってペットロスの状態で行動を起こすのは難しいのです。ですので、依頼するペットメモリアルを事前に決めておくと後になって困らないでしょう。

火葬を行うまでの対応

ペットが亡くなるとペットメモリアルに依頼するのが適切ですが、葬儀会社に持ち込みする場もあれば、業者に来てもらうという方法もあります。どちらにせよ、ペットの遺体をそのままにしていてはいけません。季節問わず、まずは冷やす必要があるのです。特に夏は腐れてしまうと大変なので、多めのドライアイスを用意すると良いでしょう。また、エアコンで室内の気温を一定に保つようにします。ペットメモリアルで行う葬儀の前に、お通夜をとり行いたいと思う飼い主も少なくないでしょう。ペットが亡くなってすぐに火葬いるのは辛いものです。突然の死に心が着いていけるように、お通夜の時間は大切なのです。